立て爪リング

婚約指輪に流行ってあるの?

結納をするのかしないのか、結婚式を挙げるのか挙げないのか、そういった結婚にまつわるものには時代によって流行がありますが、それでは婚約指輪には最先端や流行といったものがあるのでしょうか。
ダイヤモンドの婚約指輪が数多くのカップルに選ばれたり、リングに一粒ダイヤがついた「ソリティア」というデザインが人気だったりするところは今も昔もあまり変わりありません。
それでもソリティアタイプが少しずつ減ってきているのは他のデザインに人気がでてきたからでしょう。

どんなデザインが人気を上げてきているのか見てみます。
まずソリティアの進化系である「メレ」タイプの人気が高まっています。
真ん中の大きなダイヤモンドの横に、0.03カラット以下の小さなダイヤモンド(=メレ)をあしらったデザインでソリティアよりも可愛らしさがUPするといわれています。
メレをカラーダイヤにしたり、両脇ではなく片側だけに添えてみたりすると印象が変わってくるので、ちょっと他の人に差をつけたいカップルが選んでいるようです。

続いて、「エタニティ」と呼ばれるタイプはその名のとおり永遠という意味をもち、婚約指輪として好まれるデザインです。
リングをダイヤモンドで覆うのできらびやかさが際立ちます。
最近では婚約指輪と結婚指輪の重ねづけをする女性が増えており、まさにこのエタニティはどんな結婚指輪とも重ねづけの相性が良いデザインです。

3つ目は「パヴェ」タイプです。
パヴェとはフランス語で「石畳」「敷石」という意味で、指輪のアーム部分に隙間なくダイヤモンドを敷き詰めたデザインのことをいいます。
中央にダイヤモンドを持ってきてその周りにパヴェを配置すると、よりメインのダイヤが引き立てられて華やかになります。
年齢を問わず人気があるのはこのデザインの特徴でしょう。
緩やかに変化し、その時代を彩っている婚約指輪の流行http://www.jwl-aria.jp/nin.html
彼女の好みも大きく影響してきますので、いっしょにお店に選びにいって、二人が納得のいくものを購入しましょう。


以外に高価?
Copyright (C) 二人で選ぶ指輪 All Rights Reserved.