立て爪リング

実は知らない!?婚約指輪の基礎知識

男性も女性も婚約指輪を選ぶ場面になってはじめて、意外と何も知らなかったことに気付きます。
基礎知識を簡単にご説明しましょう。
婚約指輪の相場はどれくらい?
「婚約指輪は給料の3ヶ月分」というのを聞いたことがある人は多いでしょう。
これは1970年代にダイヤモンドの市場拡大を狙った某宝飾メーカーがCMで使ったキャッチコピーです。
当時こそ一つの目安となりましたが、現代の日本にはあまり馴染みません。
最近の婚約指輪の平均購入価格は31.7万円(ゼクシィ結婚トレンド調査2012)です。
男性よりも女性の方が「指輪にそんな高いお金を出すのはもったいない!」と思うんだとか。

○完成までにどれくらいの時間がかかるの?
婚約指輪は既製品であっても、その場で持ち帰ることはほとんどありません。
プロポーズの予定を立てた男性が一人で注文する場合は少なくともその1ヶ月前から、両家の顔合わせや食事会で指輪を披露する予定があるカップルは、二人でいっしょに選ぶ下見の期間も含めて約3ヶ月前から選びはじめましょう。
注文してから一番早く出来上がるのは既製品です。
サイズ直しだけなら2〜3週間で出来上がります。

次にセミオーダー。
石の種類や大きさと、アームの材質やデザインをそれぞれ別に選んで組み合わせるので、1〜2ヶ月はみておいたほうがいいでしょう。
一番時間がかかるのがフルオーダーです。
世界に一つだけのオリジナルリングはそれを制作する作業や時間も含めて特別なものになります。
完成までの時間はお店によっていろいろですが、2〜3ヶ月かかるところが多いようです。

○どんなデザインが人気?
婚約指輪は結婚指輪に比べてきらびやかなデザインが多いのが特徴です。
一番人気の婚約指輪のデザインはシンプルな「ソリティア」。
一粒のダイヤモンドを小さな爪でリングに留めたものです。
二番目には「メレ」という、ソリティアにメレダイヤ(0.03カラット以下の小さなダイヤ)を添えて可愛らしく仕上げたものが人気です。
以下、リングにぐるりとダイヤモンドを配したゴージャスな「エタニティ」が続き、アームにダイヤモンドを敷き詰めた「パヴェ」というデザインもあります。


以外に高価?
Copyright (C) 二人で選ぶ指輪 All Rights Reserved.